海外ドラマのオープニングにありそうな壮大な曲作ってみた

drama_sample1

海外ドラマがけっこう好きです。

特にファンタジーとか歴史アドベンチャーとか壮大なスペクタクルのやつが。
最近だとゲーム・オブ・スローンズとかマスケティアーズとか。

DTMと再びお近づきになるために何か作ってみようと意気込んでましたが、海外ドラマの冒頭で毎回流れるオープニングテーマみたいな、あの小さくまとまった感じが好きなので最初のお題にしてみました。

そしてGW費やして完成!1分半くらいの。

どうでしょう?
っぽい感じですね?
タイトルロゴやめまぐるしく切り替わる映像やテキストが脳裏に浮かびますね?(ムリヤリ)

制作にかなり時間がかかってしまいました。。こだわるともっと良くなるけど制作スピードが遅すぎるのである程度のとこで編曲やめました。このへんにいろいろ課題が詰まっております。

ただ曲を紹介するだけじゃつまらないのでどういうふうに作ったか軽く解説します。

 

ざっくり作り方

Logic Pro Xで作りました。
全てソフトウェア音源をMIDIデータで鳴らしてます。
つまりオーディオは未使用(このへん課題の1つ)
使用したほとんどの音源はKontakt5のライブラリで、Native InstrumentsのKomplete9に含まれてたものです。

今回唯一新たにチャレンジしてみた点は、1つのKontakt5にたくさんライブラリを立ち上げてそれぞれの音源をLogic Pro Xに別のトラックとして出力して個別にミキシングした点です。
書いててわけがわからないのでこの点はまた今度解説します(笑)

ちなみにオートメーションも一切使ってないです。これはLogic Pro Xでのオートメーション入力にまだ慣れてないからですが、作り終えてみてやっぱりこういう音楽にはオートメーション必須だなーとあらためて感じました。ちゃんと覚えよ!

 

使用した音源

Native Instruments(以下NI)の音源を多用してます。唯一けっこうな出費で手に入れたKomplete9に入ってる音源たち。
以下使用した全音源です。

  • Session Strings x 3 – NI Kontakt
  • Kinetic Metal – NI Kontakt
  • Studio Drummer -NI Kontakt
  • AbbeyRoad 60s Drummer – NI Kontakt
  • Orchestral – VSL Brass Ensemble – Kontakt Factory Library – NI Kontakt
  • New Mello Ⅰ – WavesFactory
  • W-Glockenspiel – WavesFactory

NIかWavesFactoryしか使ってないですね。
WavesFactory安いのにかなり使えます。もっと集めたい。

 

使用したエフェクト

あまり意識してなかったけど、、WavesのGoldバンドルに含まれてるエフェクトしか使ってなかったみたいです。

  • Renaissance EQ
  • Renaissance Reverb
  • Renaissance Bass
  • SuperTap
  • S1
  • L1 Ultramaximizer

あ、違った。RBassだけセールで単品で買いました。
上に並べたエフェクトは好きなものばかりで他はまだ使い慣れてないだけです。。本当はもっといろいろ持ってるので使いこなしたい。

 

作り終えて雑感

久々に、まがりなりにも曲を完成させたら課題がたくさん見えました。やっぱり完成まで持って行かないと見えてこないことがあるなと。

一番の課題は制作スピードかと思います。それはDTMソフトへの慣れとか、音源選び、エフェクト選びをどれだけ早くできるかとかも含めて。

頭に流れるイメージはそのアイデアが浮かんだときがたぶん最高で、まずはそれにできるだけ早く近づけないとイメージ自体が劣化してしまう。そして時間をかけて作りこむとよりよいクオリティに持っていける部分もある。

だから技術的にも感覚的にも速く、高いクオリティへ持っていかないといい音楽にはつながっていかないなと。もっといい音源やエフェクトを手に入れるとか、そういうのは後回しで、今は曲をたくさん作って自分の制作スタイルを磨き上げていくのがきっと最善ですね。

次はまた全然違うジャンルを作る予定。

持ってる生ドラム音源を聴き比べてみた

P_20160124_201908

昔あるときDTMソフトを買って曲作りを始めました。
それから時が経ち、創作意欲が芳しくない今!
なんとか奮い立たせて音楽制作と向き合っていきたいなと。

最近はたまたま依頼されて奈良テレビで流れる15秒のCM曲を作ったりもしましたが、、自分の中から出てくるものは全然形にしていない!

Logic Pro X(無駄に最新版)と向き合っても以前のような集中力へなかなかもっていけないので、とりあえず整理してみることにしました。触り続けていけばモチベーションや制作スピードも向上すると期待しつつ。

 

生ドラム音源の整理、そして把握

そもそも、どんな音源を持ってるのか把握できてません(笑)
既に古過ぎて今の環境では動かない音源があったり、特に目的もなくたまたまセールに飛びついて使わないまま眠ってるものもあるかも。。

ドラマーやってきたので生ドラムの打ち込みは嫌いじゃないです。基本ロックで育ってきたので曲作りに生ドラムを取り入れることも多いはず。まずは生ドラム音源を整理してみます。

今回はシンプルなパターンを作って、同じ打ち込みのまま持ってる生ドラム音源だけを変更して違いを聴き比べてみます。
あえてシンプルにしてるだけでもっとかっこいいのも作れるからね!?(汗

ドラム音源はそれぞれ違いますがキットのチョイスとかは適当に合うやつを見繕いました。あとデフォルトの出音の音量差も知りたいのであえてバランスは整えてません。最初に試したBFD Ecoでのみバランスを整えて後はそのまま音源切り替えただけです。

ではいってみましょう。

 

1. FXpansion BFD Eco – DWキット

まずは持ってる中でいちばんマシなんじゃないかと想像してたFXpansion BFD Eco。これは3、4年前にたまたまセールを知って飛びつきました。3,990円(たぶん定価は14,000円くらい)、このクオリティの生ドラム音源の中じゃ死ぬほど安い。もともとBFD1を持ってたのでけっこう信頼してる。

これに合わせてバランス整えたのでまあ悪くない。打ち込みにこだわったらもっと生っぽくできるんでしょう。中のキットをいろいろ鳴らしてみた限りではDWの音がいちばんしっくりきました。というか好きなだけか(笑)

 

2. Logic Pro X 付属 Drum Kit Designer – Brooklyn

付属音源でこのレベルか。。正直好きではないけど、打ち込み整えたわけでもなく切り替えただけにしては全然使えそうな印象。

出音は少し小さいのでベース勝ちすぎてる。ハイハットのボリュームが他より小さいのは個人的にはアリです。BFDは存在感ありすぎたのでけっこうボリューム下げました。たぶんこっちは下げずともいいバランスになってくれるのかも。

最後のタタチャ!ってとこのスネアはけっこうベロシティ差をつけたけどあまり変わりがないのでダイナミクスを出すにはちょっと弱い音源か。

 

3. NI Studio Drummer – Session

Native InstrumentsのKomplete9を実は持ってるのでそれに付属してた2つのドラム音源、まずはStudio Drummerから。

これはLogic付属よりさらに出音が小さいか?音はとってもオールマイティー。前2つではあまり気にならなかったスネアの打ち込みのベロシティ差が目立って下手な感じになってる(笑)つまりはベロシティだけでかなり違う印象に持っていけるということ。最後のタタチャ!はそのベロシティ差のおかげで狙った勢いになってる。たぶんもう少しダイナミクスに気をつけて打ち込んだらもっと味が引き出せるはず!

 

4. NI Abbey Road 60s Drummer – Late

これもKomplete9に入ってたドラム音源。名前からして60年代のビンテージ感を再現してるらしい。音は、一番好きかもしれない。。もともと60、70年代のヴィンテージな空気は好みです。Studio Drummer同様、ベロシティがとても敏感そう。こういうダイナミックな打ち込みができることは生ドラム音源では大事な気がする。

このシンプルな打ち込みパターンでは全く味が引き出せてないけど、かなりの好印象。マッチするジャンルが限られるけど自分が作る音楽には進んで使っていきたいなと思った。これが想像よりよさげだとわかっただけでも今回の整理やってよかった。。

 

5. NI Battery 4 – Garage LE Kit

これもKomplete9に含まれてる、超有名なサンプラー音源。デジタル系が豊富でクオリティもかなり高いので生ドラム用途としては選択しないかもしれないけど、いくつか生ドラム音源が用意されてるので試してみた。

出音のクオリティは高い。バスドラの低音は効きすぎてる。ベロシティ感も申し分ない。でも生ドラムっぽさは他と比べると少し薄いかな。はっきりとしたリズムが欲しいダンスポップなジャンルにはいいかもしれない。

 

まとめ

この実験やってよかったなー。こうやって聴き比べるとそれぞれかなり雰囲気が違うことがわかる。比べてみた5つはどれも充分クオリティが高い。既に想像より充実した生ドラム音源を持ってることも理解した。上を見たらキリがないからね。あとは作りたい曲によってどう使い分けるかってとこだろう。

NIのKomplete9付属の2つ「Studio」と「60s」は今回初めてちゃんと使ってみたけど、思ったよりもよさげだとわかった。これは積極的に使いたい。特に60s。

Logic付属のDrum Kit Designerは単体としてはチョイスしないかと思うけど、Logic Pro X独自の「Drummer」というドラマーを選ぶだけでいい感じに叩いてくれる機能は超絶ラクチンなので、簡単な曲をさくっと作るにはかなり重宝する。

自分でしっかり打ち込んで生ドラムを再現するなら、Studio Drummerか60s DrummerかBFD Ecoのどれかを選べばいい。しばらくNI2つを使用して慣れてみようかな。機会があればそれぞれの音源の細かい調整にも踏み込んでいこう。

ソフトバンクからDMMモバイルに変えたら携帯代が月額3,000円台に!

今年の初めにソフトバンクの2年縛りが終了したので3大キャリアから決別して格安モバイルの世界へダイブしました。

同時にiPhoneもやめました。iPad持ってるしもういいかな〜と思ったのと、Web界隈で仕事してるのでAndroidにも慣れておこうかと。

毎月9,000円〜10,000円払ってました。。

そもそも2年縛りが過ぎたら月額がきっと下がるだろうと期待してたのですがこれって逆に上がるんですね。。もともと月額9,000〜10,000円ほどだったのが10,000円を超え始めました。。こりゃもうあかんかなと。。

それで今やたくさんある格安SIMの中からDMM mobileに決めて移行しました。

 

月額9,000円台から3,000円台に!

以下がそのDMM mobileの請求詳細です。

毎月5,000〜6,000円ほど安くなりました!

年間だと60,000円以上浮きます!!

もう3ヶ月ほど経ちましたが毎月本当にこれくらいになります。しかもこれはZenFone2 Laserというイケてる機種の端末分割代も込みです!

もっと早く格安SIMに移行してたら、浮いたお金であの音源も買えたり。。

格安SIMに変えたデメリットは?

3ヶ月ほど使ってみた個人的感想としては、デメリットは以下3点のみです。

  1. キャリアメールが使えなくなる
  2. 電波がすこーし悪い気がする
  3. LINEで友だち追加するのが少し手間

 

1. キャリメールが使えなくなる

長年ソフトバンク(というかVodafone)で使用してきたキャリアメール(XXX@vodafone.ne.jpみたいな)が使えなくなります。

ですが自分はそもそもキャリアメールをほとんど使わず、GmailやLineがメインの連絡手段になっていたので全く問題ありませんでした。
Gmailアプリ入れてたらちゃんと通知も来るし。

 

2. 電波がすこーし悪い気がする

多少悪いかも?という程度でほぼ気になりません。むしろ「電波悪くて電話でれませんでした!」と言える機会が増えてありがたい(笑)

 

3. LINEで友だち追加するのが少し手間

LINEで友だち追加するときにID/電話番号での検索ができないようです。これは契約キャリアでの年齢認証が必要だからだそうですが、キャリアじゃないのでその認証ができないんですね。

でも正直LINEあまり使わないのと「ふるふる」はできるので近くにいたら友だち追加はできます。自分の場合はあまり問題ないにならないようです。

 

DMM mobile、オススメです!

なぜDMM mobileにしたかとか書こうと思ったのですが、長くなりそうなので別の機会に。

DMM mobileは、選べる端末やプランも豊富に用意されていて業界No.1を争う安さでかなりオススメです。ぜひチェックしてみてください!

[奈良ランチ] 町家空間の癒やしカフェ「おじぞうさん」のランチは栄養バランスばっちり!

今日は奈良でよくいくランチのお店紹介2軒め、
しもみかど商店街、町家空間の一番奥、癒やしカフェ「おじぞうさん」のご紹介です。

以前紹介したはまぐり屋さんの次によくいくランチかなあ。
いつもボリューミーで栄養バランスばっちりのランチ出してくれます。

この日のランチは、えっと豚の生姜焼きとカツオのたたきかなコレ?
お肉と魚が両方とれて野菜もたくさん。それにみそ汁がいつも量が多くてありがたいです。そもそもお椀がでかい(笑)

これで700円です。奈良は観光客向けのお高いランチが多い中、破格の安さですね。

自分はいつもお昼の時間が遅くてたま〜にランチが売り切れてるんですが、そういうときはコンマ1秒で「じゃあたまごサンド!」と叫びます。

それくらいここのたまごサンドがおいしいんですね。。ファンです。ふわっふわっのたまごがサンドされてて素材が生きてるシンプルな味付け最高。そして量もなかなか、自分には充分です。
ちゃんと写真があればよかったんですが、またいつかブログで紹介します。

さて場所ですが、

近鉄奈良駅からだとすこーし遠いです。ひがしむき商店街をつっきって、高速餅つきで有名な中谷堂を見ながら、もちいどの商店街をまっすぐつき進みます。

そしていつの間にかしもみかど商店街に変わったあたりの左側にそれはあります。


町家空間
ですね。
風情のある木造の細長い空間に所狭しとブースが並ぶ複合商業施設です。
ここもいろんなブースがあっておもしろいですよ。
その一番奥がランチカフェ、おじぞうさんです。

店主ちさとさんのスマイルにいつも癒されています。ちなみに店主が似てるからこの店名になったそうです。

水、木曜日が定休日。

安くてボリューミーでバランスよし。
ならまち散策の前にぜひともおじぞうさんへお立ち寄りください!

こちらの記事もどうぞ

[奈良ランチ] ならまちの真ん中、今日も安心のはまぐり屋ランチ!

「炎のランナー」で世界的に有名なヴァンゲリスが昔組んでいたギリシャ発バンド「Aphrodite’s Child」がかっこいい!

炎のランナーといえば誰もが聴いたことのある超有名な曲ですね。

 

細かくいうと「炎のランナー」は1981年公開のイギリス映画で、このサントラの1曲目に収録されてる曲です。オリンピックのテーマ曲だと昔は勝手に思ってました。

この曲を作曲したのがギリシャの作曲家ヴァンゲリスです。世界的に成功している作曲家さんで炎のランナー以外にも有名な曲がたくさんあります。

例えば、公開から30年以上たった今でも色褪せない評価を得ているSF映画の金字塔「ブレードランナー」の音楽も担当していました。当時リドリー・スコット監督はこの映画には彼しかいないと依頼したそうです。

炎のランナーもそうですが80年台の頃の作品はシンセを大げさに、効果的に使った耳に残りやすいメロディが特徴的ですね。

同じリドリー・スコット監督の1992年の作品「1492 コロンブス」でも再びヴァンゲリスに依頼して実は炎のランナーを凌ぐヒットとなったそうです。

 

自分はこの映画はまだ見ていないのですがこの曲はやはり聴いたことがありました。

そんなヴァンゲリスが今ほど有名になる前、1968年に組み始めたバンドがAphrodite’s Child(アフロディーテズ・チャイルド)です。

70年代の音楽がどうも好きなんですねー自分は。80年台のシンセサウンドが登場する前の試行錯誤していた実験的な、でもむき出しの音作りがきっとおもしろいのかなあ自分には。ブレードランナーや炎のランナーもいいですがこっちのバンドサウンドのほうがよっぽど好みです。

というわけでAphrodite’s Childのおそらく最も有名な1972年の作品、2枚組アルバム「666」の中から1曲、「The four horsemen」をご紹介します。

 

この曲も大曲志向ですがもっとロックな曲ももちろんあるので気に入った方はアルバム「666」をぜひ手にとってみてください。

Adobe Creative Cloudの下位プランにきづいて月額980円に下げた話

Adobe Creative Cloudにはフォトグラフィプランなんて安いプランがあったんですね(汗

Adobe Creative Cloudとは?

Creative Cloudでは世界最高峰のクリエイティブツールを常に最新の状態で利用できます。デスクトップでもモバイルデバイスでも、ひらめきをその場で作品に仕上げることができます

月額4,980円(税別)でAdobeのハイクオリティな数々のアプリケーションを全て利用できちゃうすごーいサービスです。

IllustratorやPhotoshopはもちろん、昔からずっと愛されているWeb制作の王道DreamweaverやFireworks、そしてなんだかすごそうな(よくわかっていない)ニューカマーのMuse!

Web制作関連だけじゃなくDTP系、アニメーション系なんでもござれのコンプリートプランそれがAdobe Creative Cloudです。昔は1アプリ5万?くらいしてたアプリが年間6万円でえっと21本も(モバイルアプリ含めるともっと)使えちゃうって本当にお得だと思います。

でもFireworksしか使ってなかった。。

でも非デザイナーの自分は全く使いこなせていないことに気付きました今更(笑)昔から愛用していた、Photoshopほど難しくないWebに特化した画像編集アプリ「Fireworks」にしがみついてただけでした。

これさえあればたまに作業が発生するちょっとした画像編集にも対応できていたので重宝していたのですが、、他アプリは全くといっていいほど利用してません。

Yosemiteはもう動作保証外。。

Mac OS XをYosemiteにアップデートしてからFireworksはうまく動かなくなりました。がんばれば使えなくもないけど、メニュー消えたりクリックしてもアイテム選択できなかったりですごく手間がかかる。だましだまし使ってたけど限界を感じ始めてたころに、知りました。

Photoshopは使えるフォトグラフィプラン980円!

Creative Cloudのプラン選択に他の選択肢ありました!

最初からあったんでしょうかね(汗 全然知らなかった。。
PhotoshopとLightroomだけ使えるフォトグラフィプランってのがありました。FireworksでできることってたぶんPhotoshopで全部できるんでしょ?

やっぱFireworksと、たまにデザイナーさんから送られてくるpsdファイルの中身を確認するためだけの4,980円は高過ぎましたね。

そういうわけでフォトグラフィプランに下げてしばらく経ちますが、最近のPhotoshopはWebに特化した機能もかなり盛り込まれてるようで、置いていかれっぱなしの自分は勉強しながらなんとかFireworksがなくてもやっていけてます。

保証もなくなって開発も止まってしまったFireworksを離れるいい機会にもなったかもしれません。

もし知らなかった人は(自分だけかもしれませんが)フォトグラフィプラン、オススメですよ!

ドイツのゴシック・トラッド・バンド「FAUN」のMVがロード・オブ・ザ・リング過ぎる。。

こんな音楽の流れるRPGがあればきっとハマっていただろう。。

音楽はもちろん全体の世界観が好み過ぎる!

FAUNは他の曲もよいので気に入ったらぜひ他の曲もチェックしてみて!

 

(こんな感じで通常フォーマットとは別記事としてミュージックビデオ紹介していくのいいかもしれない。。)

 

Feedlyでブログやニュースを簡単にチェックしていく方法

いろんなブログやニュースを日々チェックしてます。

はあちゅうさんこおろぎさんちなどの有名ブログから、DTM、ライフハック系のニュースメディア、知り合いのブログなど種類はバラバラです。

チェックする方法はスマホでスルスル横にスライドしていくだけ。気になる記事はタップして内容をさらに追う。トイレとか歯医者の待ち時間とかちょっとした合間にスルスルしてます。

Feedly」というRSSリーダーが便利です

やっぱりFeedlyが使いやすいですね。使ってる方も多いとは思いますが、ブラウザやスマホで一度ブログを登録しておけばあとは簡単にチェックして気になるエントリーはストックできます。

Feedlyの使い方はいろんな他の記事で紹介されているのでここでは自分なりのスマホでの使い方を簡単に紹介しておきます。
(Androidの方法ですがiPhoneでもだいたい同じはずです)

まずFeedlyアプリをインストール

Google Play StoreでFeedlyをインストールして起動します。

GoogleかFacebookのアカウントでログインします。

読みたいブログをどんどん登録

最初は何も登録されていないので購読したいブログをこれから登録していきます。
この部分だけ少しややこしいんですが、ここさえ慣れたら後は簡単です。

 

読みたいサイトが有名なら虫メガネアイコンからキーワード検索で登録

試しに「gigazine」と入力してみます。
(超有名なネタニュースメディア。以前奈良のぷちまるカフェさんの古墳ケーキも記事になりました。)

もう「giga」と入力するだけでリストが出てきましたね。
2番めの「GIGAZINE」をタップします。

こういう画面がでてきたらちゃんと認識されてますので上の「+」アイコンをタップします。

左からスルッとメニューがでてきます。

このブログをどのカテゴリーに登録するかを聞かれています。カテゴリーがない場合は「Create new collection」をタップして適当なカテゴリーを作ります。ここでは仮に「News」というカテゴリーを作ってみました。

右の「Create」をタップすると登録完了です。GigazineがNewsカテゴリーに登録されました。既にあるカテゴリーに登録するときはそのカテゴリーをタップすればOKです。

 

読みたいブログのURLを貼り付けて登録

有名なブログでなければキーワード検索しても候補が表示されません。その場合はサイト名の代わりにサイトのURLをさっきと同じ検索ボックスに入力すればOKです。

まずスマホのブラウザアプリで購読したいサイトを表示します。
今回は「Throat Records」のサイトを登録してみます。

(これよりAndroidスマホのChromeブラウザでの方法を解説します)

右上の縦に丸が並んだメニューアイコンをタップします。

共有」をタップして、出てきたメニューの中から「クリップボードにコピー」を選択します。
これでクリップボードにURLがコピーされました。

Feedlyアプリに戻ってさきほどの検索アイコンを開いてクリップボードにコピーされているURLを貼り付けます。

Throat Records」が候補に表示されたのでタップします。

あとはさきほどと同じように上の「+」アイコンから登録すれば完了です。

こんな感じでブログをどんどん登録していきましょう。

ブログのチェックは横にスルスルスライドしていくだけ

次回からアプリを開くとまだ読んでいない記事が表示されるようになります。

自分の場合、一度記事をタップして以下のような個別のエントリー表示画面に移ります。

この画面で左にスライドしていくと順番に記事を読んでいくことができます。タイトルに目を通して、興味がなければすぐ左にスライドします。

画面を表示した時点でこの記事は既読になり次回は表示されませんので、新しい記事だけをどんどん読み進めることができます。

興味がある記事が出てきたら、下記のどちらかの行動を選択します。

1. 上にスライド or タイトルをタップして記事を読み進める
2. 右上の「Saved For Later」(あとで読む)ボタンをタップして保存

自分はこの「あとで読む」機能をPocketに登録するように設定してますが、このあたりの詳細を書くと記事が長くなりすぎるのでまた別の機会に書きたいと思います。

以上長くなってしまいましたが自分なりのFeedlyの使い方でした。
間違ってたりもっと簡単な使い方などあればぜひ教えてください!

奈良公園の端っこに住んでるのでちょっと自宅周辺をご紹介。

大阪から奈良市に移り住んでもう3年ちょいです。

近鉄奈良駅から徒歩20分(まあまあ遠い)、
奈良公園の玄関口、猿沢池を越えてもうしばらく。

なんでこんな遠いところに決めたのか忘れてしまいましたが、、
たぶん内観と場所が気に入ったんでしょうね。

仕事は基本自宅でやってますがランチのときに外をうろつきます。最近あらためて思うんですがやっぱいいとこなんですよね自宅周辺が。

今日はいい天気で少し写真撮ってきたのでご紹介させてください。

まず家の前の道ですが、これが既にいい。若草山にむかってまっすぐなだらかな坂。ここを登って徒歩小一時間で、世界遺産「春日山原始林」です(笑)

 

すぐ近くに福智院。案外すごい菩薩像が鎮座しておられるのです。

 

ここも好きな坂道。田舎を代表するような木陰。トトロにもこんな場所あった気がする。ここを抜けると、、

 

はい来ました、浮見堂です。ここまで徒歩5分もかからないです。
奈良公園の真ん中あたりになるのかな?大好きな場所です。
冬の朝に来るともっと神聖な雰囲気、夜に来るとめちゃくちゃ恐い。

 

この辺りまで来るとそこらじゅうに鹿がいます。
たまに全然いないときもあります(笑)


今日はうじゃうじゃいました。みんなこっち見てる。
お休み中のところ失礼しました。

 

とまあ今日はこんな感じですね。
他にもいいとこあるのでまたそのうち紹介したいです。