月別アーカイブ: 2016年3月

[奈良ランチ] 町家空間の癒やしカフェ「おじぞうさん」のランチは栄養バランスばっちり!

今日は奈良でよくいくランチのお店紹介2軒め、
しもみかど商店街、町家空間の一番奥、癒やしカフェ「おじぞうさん」のご紹介です。

以前紹介したはまぐり屋さんの次によくいくランチかなあ。
いつもボリューミーで栄養バランスばっちりのランチ出してくれます。

この日のランチは、えっと豚の生姜焼きとカツオのたたきかなコレ?
お肉と魚が両方とれて野菜もたくさん。それにみそ汁がいつも量が多くてありがたいです。そもそもお椀がでかい(笑)

これで700円です。奈良は観光客向けのお高いランチが多い中、破格の安さですね。

自分はいつもお昼の時間が遅くてたま〜にランチが売り切れてるんですが、そういうときはコンマ1秒で「じゃあたまごサンド!」と叫びます。

それくらいここのたまごサンドがおいしいんですね。。ファンです。ふわっふわっのたまごがサンドされてて素材が生きてるシンプルな味付け最高。そして量もなかなか、自分には充分です。
ちゃんと写真があればよかったんですが、またいつかブログで紹介します。

さて場所ですが、

近鉄奈良駅からだとすこーし遠いです。ひがしむき商店街をつっきって、高速餅つきで有名な中谷堂を見ながら、もちいどの商店街をまっすぐつき進みます。

そしていつの間にかしもみかど商店街に変わったあたりの左側にそれはあります。


町家空間
ですね。
風情のある木造の細長い空間に所狭しとブースが並ぶ複合商業施設です。
ここもいろんなブースがあっておもしろいですよ。
その一番奥がランチカフェ、おじぞうさんです。

店主ちさとさんのスマイルにいつも癒されています。ちなみに店主が似てるからこの店名になったそうです。

水、木曜日が定休日。

安くてボリューミーでバランスよし。
ならまち散策の前にぜひともおじぞうさんへお立ち寄りください!

こちらの記事もどうぞ

[奈良ランチ] ならまちの真ん中、今日も安心のはまぐり屋ランチ!

「炎のランナー」で世界的に有名なヴァンゲリスが昔組んでいたギリシャ発バンド「Aphrodite’s Child」がかっこいい!

炎のランナーといえば誰もが聴いたことのある超有名な曲ですね。

 

細かくいうと「炎のランナー」は1981年公開のイギリス映画で、このサントラの1曲目に収録されてる曲です。オリンピックのテーマ曲だと昔は勝手に思ってました。

この曲を作曲したのがギリシャの作曲家ヴァンゲリスです。世界的に成功している作曲家さんで炎のランナー以外にも有名な曲がたくさんあります。

例えば、公開から30年以上たった今でも色褪せない評価を得ているSF映画の金字塔「ブレードランナー」の音楽も担当していました。当時リドリー・スコット監督はこの映画には彼しかいないと依頼したそうです。

炎のランナーもそうですが80年台の頃の作品はシンセを大げさに、効果的に使った耳に残りやすいメロディが特徴的ですね。

同じリドリー・スコット監督の1992年の作品「1492 コロンブス」でも再びヴァンゲリスに依頼して実は炎のランナーを凌ぐヒットとなったそうです。

 

自分はこの映画はまだ見ていないのですがこの曲はやはり聴いたことがありました。

そんなヴァンゲリスが今ほど有名になる前、1968年に組み始めたバンドがAphrodite’s Child(アフロディーテズ・チャイルド)です。

70年代の音楽がどうも好きなんですねー自分は。80年台のシンセサウンドが登場する前の試行錯誤していた実験的な、でもむき出しの音作りがきっとおもしろいのかなあ自分には。ブレードランナーや炎のランナーもいいですがこっちのバンドサウンドのほうがよっぽど好みです。

というわけでAphrodite’s Childのおそらく最も有名な1972年の作品、2枚組アルバム「666」の中から1曲、「The four horsemen」をご紹介します。

 

この曲も大曲志向ですがもっとロックな曲ももちろんあるので気に入った方はアルバム「666」をぜひ手にとってみてください。