nord drumをLogic Pro Xから操作して録音する

あの赤いキーボードで有名なnordシリーズのドラム音源、nord drumを昨年買った。つまりこの動画のやつ。

https://www.youtube.com/watch?v=bZt7ZUqzOkc

最高過ぎる。

とにかく音圧のあるクオリティの高いリズム音が鳴る。
もちろん生ドラムの音も好きだが、こういう音も大好き。
これをぜひともパフォーマンスで使ってみたいと購入したが、
実際に音出してみると曲作りにも普通に使いたいと思い始めた。

Logic Pro Xに切り替えたばかりでまだ操作も不慣れな上、外部音源を取り入れるのは初めてなのでその方法をここにざっくり残してみる。

おもなポイントは以下。

  • オーディオI/FからMIDI情報をnord drumへ伝える
  • nord drumから音をオーディオI/Fに伝える
  • nord drumのMIDIチャンネルは「10」なのでLogic側で合わせるのを忘れずに

繋ぎ方は以下の写真の感じ。

わかりにくいが要は以下のようにつなぐ。

  • オーディオI/F MIDI OUT → nord drum MIDI IN
  • nord drum AUDIO OUT → オーディオI/F LINE IN

必要なケーブルは以下2本。

 

  • MIDIケーブル1本
  • フォン-フォン モノラルケーブル 1本

これで接続準備OK。
まず音がLogicに伝わるかを確かめるため、オーディオトラックを作成。
nord drumをつないだ入力スロットを選択。
入力モニタリングをオンにしてnord drumからTRIG叩いて音を鳴らしてみる。

問題なければ次にLogicの打ち込み情報をnord drumに伝えるための外部MIDIトラック作成。
ここでポイントは、出力するMIDIチャンネルが「1」のままだと伝わらないこと。Logic側で「10」に合わせるとMIDI情報が伝わる。

問題なければこれで打ち込み情報がnord drumに伝わり、返ってきた音をオーディオトラックで拾うことが可能。

あとはnord drumで適当なプリセットを選んで、外部MIDIトラックに適当に打ち込んで、オーディオトラックで録音すればOK。

このへんの詳細を画像交えて伝えたかったが、キャプチャ貼付けにまだ慣れていないのでそのうち覚えたらこの投稿を編集する予定。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です